恐怖!おちんちんにあたる謎の感触!!

それは僕が、道を歩いてるとき突然きたのです。
僕は迷わず、コンビニに駆け込み、脂汗ほとばしる顔で店員に言いました「トイレお借りしてもいいですか?」
了承を得た僕は、トイレに駆け込み、まるで娼婦のようにトランクスを迷わず脱ぎ捨てました。

そしておもむろに洋式のトイレに座り込み僕は一気に溜めていたものを解放しました。

「ふう」ため息が漏れたそのときでした。

コツンと僕の親友「フィフィ」に何かが当たりました。(「フィフィ」とは僕のおちんちんのことです。)

「あれ?」僕は一体何が起こったのかわかりませんでした。30年生きてきましたが、うんこ中におちんちんに何かが当たるなんてことは一度たりとも経験がありません。僕は一瞬、河童やお化けのことを想像し、人一倍大きい金玉が普通サイズに縮こまるのを感じました。

落ち着いて便器を覗いてみました。するとすべての謎が解けました。
犯人はそう、僕自らが出したうんこだったのです。

真相はこうです。
しばらく我慢していたうんこは水分を失いある程度の硬さになっていました。しかもタイミングよくたまっていたうんこはかなり細長くなっていました。通常なら、肛門から飛び出たうんこは後ろに向かって倒れるのですが、今回はなぜか奇跡的に、前に倒れこんできたのです。そこに、便座にちんちんがあたるのを恐れていた僕が、ちんちんを便器の中に手で押し込んでいたためにうんこがちんちんにあたったというわけです。
偶然が幾重にも重なりおきた、まさしくチン事でした。

すべてがわかった僕は安心して、後処理を施し、トイレを後にしたというわけです。
皆さんもこういった体験をしたことがあるんでしょうか。おそらく男子限定だと思います。
ミステリーはそう、あなたのすぐ後ろにまできているかもしれません。

次回 わかりにくいであろう女子のために図入りで解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 信じるも信じないもあなたしだいです!!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

2009年12月14日 11:13 PM | カテゴリー:未分類 | コメント(0)

| -->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://freeyanpin.net/yanpin_blog/wp-trackback.php?p=10